2021.08.11 STYLE LABO オープンハウス開催致しました。

 

STYLEが提案するリノベーションという選択肢

8月9.10日の2日間限定にて、「家を継ぐということ」のオープンハウスを開催いたしました。

 

 

 

 

大胡の家 -Oogo House-

築30年の祖父母が暮らしていた日本家屋。小さい頃にみんなで過ごした縁側を残し、障子や欄間など過去の思い出を残しながら、今を快適に暮らせるように間取りや導線を考えました。日本家屋の良さを活かし、和室の続き間を広々としたLDKに、そこにあった障子や欄間、縁側を残しました。断熱・気密をしっかり行い、日常の暮らしやすさを最優先に。既製品を混ぜながらも、キッチンやテレビボードなどの収納を設計士と一緒に特注で制作。素材や質感など細かいところにも配慮しました。インテリアはもともと使っていたヴィンテ―ジ家具を中心に合わせています。
ものを残し、繋いでいくことの大切さや面白さを知りながら、無理せず快適な暮らしをインテリアから考えたお家です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多くの御客様に御来場いただき誠にありがとうございました。

ご来場いただいた多くの方から照明が照らしている雰囲気、陰影が見てみたいとの多くの声があったため、次回はナイトオープンハウスを予定したいと思います。詳細日程はまだ未定ですが、SNS・HPで告知させていただきます。

リノベーションに関するお問い合わせはこちらから

 

関連新記事