2017.10.23 三ツ子が行く! STYLE’S STYLE WORKSへの道 !!

「STYLE‘S STYLE WORKS」とは・・・・

スタイルズスタイルワークス。それはインテリアショップSTYLE全店のスタッフが、数年に一回気が向いた時に
インテリアの可能性と楽しさを表現するおしゃれプロジェクトである。
第三回目である今回は「巡る」という言葉をテーマにSTYLEが異業種の方々と手を組み空間演出をすることに
なったのだが・・・。
「ちょっとまったーーーー!! STYLEきってのご意見番・三ツ子娘の長女が物申--す!!
今回参加する異業種の方々に本当にインテリア愛があるのかアチキが捜査してやろーじゃないの!!
エリ!マリ!!私を案内しなさい!!」
ということで

バン!!

STYLEご意見番 三ツ子娘が行く 巡る大捜査線!!!!

巡る大捜査線

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

姉「はい!」

妹‘s「はい!!」

IMG_1195

姉「はいはい!!」

妹‘s「はいはい!!!!」

IMG_1197

姉「はいはいはい!!!」

妹‘s「はいはいはい!!!!!!」

IMG_1192

三姉妹「みっけ!!」

IMG_1193

どん!!

IMG_1203

妹’s「こちら群馬県高崎市にありますおしゃれ本屋さんREBEL BOOKS様になります!!」

IMG_1201

IMG_1218

ふーむ。なかなかどうしていい感じの佇まいじゃないかい。

他の本屋さんじゃまず見れない本のラインナップ。

IMG_1217

IMG_1214

某書店のように大きくはないけれど

そうそう!こんな本探してた!!や え?!何この本?!と思わず手を伸ばしてしまう本の数々。

しかも店内でコーヒーやお酒まで出してくれるだと??!!

出来る!ここの店主出来るわ・・。

人の時間の使い方を、大切さをわかっている。

それ即ち、インテリアをわかっている事と同意。

侮りがたしREBEL BOOKS。

いやしかしこれで私の合格を貰えると思ったら大間違いよ!

最後はヒアリングよ!スタイルズスタイルワークスにかける意気込みを

ヒアリングで大捜査よ!!

カモン!!妹‘s!!

IMG_1231

妹‘s「ではすみませんが、少しだけご質問させて頂きます。」

店主「はい。いいですよ。」

妹‘s「今回のスタイルズスタイルワークスを通し、表現したい事やテーマなどありますか?」

店主「そうですね。私が今回の企画展を通し来場された皆様にお伝えしたい事は

もっと生活の中で本を読んでほしい。という事ですかね。」

IMG_1233

かー小奇麗な事言ってんなー。

何か暇つぶせる本ないかなー

お、占いでも見よっと。マリぃアンタ何座だっけ?

IMG_1235

マリ「てんびん座だよ」

あぁ。じゃあたしもてんびん座か。。

image1

 

妹‘s「お話を遮ってしまいすみません。続き聞かせて頂いても宜しいでしょうか。」

 

店主「ええ。私は常々もっと皆様の生活の中で本というものを身近に感じて欲しいと思っております。

ただ皆様の中には人によっては本=時間のかかるもの。難しいものとか感じてしまわれる方が多いのかなとも思っております。」

IMG_1248

 

IMG_1236

 

妹‘s「確かに。。私達も本は少し難しいと思ってしまいます。」

IMG_1249

IMG_1241

 店主「実はそんなことはなくて、料理をしている時に調理本や、お家で寛がれている時に好きな風景やモノの写真の本。そんな日常の中でもっと気楽に肩肘張らずに読める本はいっぱいあるんだよ。

そうすると時間ってこんなに素敵に流れるんだよ。というのを御社の家具を用いて表現出来たらいいなと思っております。」

 

妹‘s「生活の中に自然にある本。人生をちょっと幸せにしてくれる存在。何か素敵。。。」

 

IMG_1250

あー腰いてぇ。てか床かてーわ。

ん?

IMG_1254

一義さん。。。

IMG_1256

一義さん好きに悪い奴はいないはず。インテリア好きはえてして一義さん好き。。。

IMG_1259

・・・・

IMG_1260

 

・・・・

 

合格

 

けんけんぱっ!

IMG_1268

けんけんぱっ!!

IMG_1271

妹‘s「どうしたのお姉ちゃん☆」

けんけん・・いやちょっとねー♪

image1

さあ次行くよー!!付いてらっしゃい!!

IMG_1274

妹‘s「お姉ちゃんの方が遅いじゃーん☆」

けんけんぱ! けんけん・・・

 

なんとなく手に取った本。なんとなく開いたページ。

そこに書いてあった言葉が時にその人の人生をちょっと支えてくれる事があります。

あなたの人生をちょっと幸せに

そんな本がここにあるかもしれません。

↓↓↓

REBEL BOOKSホームページ

 

 

 

 

 

 

 

関連新記事